保育目標

園長の言葉

保育者や友だち、異年齢児の子どもたちとのかかわりは、 人として大切なものを学びます。 乳幼児期は、長い人生のほんの一時期です。 でも、この数年の間こそ、命の大切さをしっかりと身につけ、 生きる力を自ら育んで欲しいと思います。 生まれながらにして、育とうとする子ども
たちの強い生命力をサポートします。

園長 一岡  由香里

職員紹介

子どもたちの笑った顔、泣いた顔も全部大好き。
一つひとつの日々の成長を喜び、見守りながら、毎日楽しく過ごしています。

このページの先頭へ